クリスマス

2017/11/10 クリスマスって何?

こんにちは
印西市のお葬式・家族葬ならセレモニー天来!!
「なんでも!終活サロン」の野口です。

前回の喪中の時のお正月に引き続きまして・・
もうすぐやってくる「クリスマス」ネタです(笑)

親からすると、「クリスマス」と「お正月」は
日にちが近すぎる!!
という事でダブルパンチを食らう月ですね(;一_一)
もう家計は瀕死です(笑)

まぁクリスマスはジーザスのお誕生日でございます。
あ・・イエスキリストの誕生祭ですね。
キリスト
でも歴史的にみると・・
違うんですよ\(゜ロ\)(/ロ゜)/
10/1とか9/15とか言われてます。⇐これホントです。

聖書に書いてある内容だと「羊飼いが野営をしている時に生まれた」
という事が記述されています。
野営
で「当時の放牧の期間はどれぐらいだろー」と調べてみると
3月~10月位なんじゃないかなぁ~と推測されてます。

12/24なんて寒い時期に
放牧やら出産やらという事をしていたのか\(゜ロ\)(/ロ゜)/
となると、遅くても10月くらいなんじゃないかなぁ~という
見解からきているんではないでしょうか。

現在の地球は温暖化が進んでますし
キリストが生まれた頃はもっと寒かったでしょうからね。

遅くても10月上旬から中旬となるのもうなずける話です。

しかし!!
葬儀屋さんから言わせて頂くと
信仰心と聖書も書いてありますので
12月25日で間違いありません!!
クリスマスイブ
ちなみに私の結婚記念日はイブの24日に入籍しました(/ロ゜)/
※ロマンティックな40歳の野口です(^O^)/

ちなみに他の説では
ペルシャではミトラ教というのがありまして
そのミトラ教の「冬至のお祭り」があったのが12/25でした。

冬至っていうのは日が一番短くなる日の事で
そこから段々と日が伸びてくるわけです。
日が伸びる⇒光がさす⇒神様の誕生日⇒イエスキリスト誕生
という流れですかね・・・・
まぁそんな考え方もあります。

ちなみにクリスマスイブとクリスマスの夜という認識があると思いますが

違います<(`^´)>

どちらかと言うと
クリスマスの始まりという意味の方があっているかと思います。

元々キリストが生まれた時は「ユダヤ暦」だったので
今みたいに深夜に日の変わり目があるのではなくて
「日没に日の変わり目があった」という事で
24日の日没から25日の日没までにキリストが産まれたという事で
イブから誕生祭を祝うという習慣が生まれたわけです。

わかるかなぁ~??
ちょっと難しいですかね(@_@;)

ちなみに日本だと12/25までクリスマス飾りをつけて
翌日には正月飾りをつけるわけですが

海外はどうなの?と思って調べてみたら
1月6日とか7日位まで引っ張るみたいです。

なんでかというと
1月7日にイエスキリストの所に
東方の賢者が礼拝に来た日だから・・だそうです。
1月7日は「公現日」と言われています。
他にも「顕現日」「公現祭」「主の洗礼祭」「神現祭」とも言われています。

西神戸教会だとこんな風に書いてあります。
キリストが異邦人に初めて会われた日で救い主はユダヤ人だけではなく、
人類すべてにあまねく伝えられるという大切な意味を持っています。
※HP引用

ちょっと難しいので野口が簡単に言うと・・・

知らない国の偉い奴が来て
「イエスはユダヤ人だけではなく人類の救世主だから拝んどこう」
と言ったわけですよ。

もうドラクエの勇者ですよ(^O^)/
勇者の血を引いているし、困ってる人を助けてくれるぞーっ!!
勇者
となるわけです(*^。^*)

そんなこんなで、今回はクリスマスでした。

お葬式屋さんは24時間365日営業となりますので
メリー南無阿弥陀仏かギャーテーギャーテークリスマスです。

こう考えると日本人は本当にたくましい人種です。
神様やら仏様もいますし、神様は八百万(やおよろず)の神と言われるように
数限りない神様が付いてくれています。

そう
1人でクリスマスを過ごす貴方も1人ボッチじゃありません。
かつての私もクリスマスは一人が多かったですが
今になってそうではなかったんだなぁ~と感じております(笑)

長くなりましたが今日はこんな所で・・・
それでは、皆さんまた逢いましょう!!

PAGE TOP